ここから本文

業務内容

調査

管路施設を長期間維持させるためには、清掃はもとより、管渠内の異常個所の早期発見が必要となります。
定期的な調査をすることにより、陥没等を早期に発見することができ、管の延命化をはかることにもつながります。
目視調査、カメラ調査、染料調査、送煙調査、衝撃弾性波調査等 状況に応じた調査を行います。

  • 管路調査
  • 管路調査

目視調査

目視調査は主に、マンホール目視調査、大口径管内調査等があります。
マンホール目視調査は、ふた及びその周辺状況を目視により、詳細に調査します。
調査員がマンホール内に入り、テストハンマー、スケールなどを用いて調査します。
大口径管内調査は目視により調査し、異常個所は写真撮影を行いデータに残します。

カメラ調査

カメラ調査では、目視不可能な場所にテレビカメラを使用し調査します。
低予算で確実に、管路施設の保守点検・欠陥調査を行えるのが、テレビカメラによる映像調査です。
モニターで映像を確認しながら調査する為、正確な異常箇所の判定が可能となります。
また、報告書システムにより、映像処理と同時に報告書資料が記録されます。
長年の実績と多角的な方法にてご対応します。

  • TVカメラ設置状況
  • TVカメラ操作

下水小中口径カメラ調査

管渠内径800mm未満の管内調査は、一般に小中口径テレビカメラを使用します。
新設下水道管の竣工時確認調査や、既設下水道管の管内確認に、自走式テレビカメラ、また取付管閉塞等の確認に、取付管用カメラを使用し調査します。

大口径カメラ調査

800mm以上の管渠には大口径カメラを使用します。
潜行目視調査では、酸素欠乏や有害ガスによるリスクが高くなり、また大量の流水による危険作業が伴うため、大口径カメラ調査を行います。

  • TVカメラ調査状況
  • TVカメラ調査状況

特徴

  • 360度死角無し
  • 光学10倍ズーム
  • 調査可能管径 150mm~2000mm

取付管カメラ調査

取付管TVカメラ調査は、事前に取付管内の高圧洗浄を実施し、取付管用TVカメラにより管内を調査するとともに、その状況を撮影するものです。
直視カメラを使用し、基本的には公共桝から本管に向けてロッドでカメラヘッドを押し込む方法が取られます。
そのほか、ハードケーブルでカメラヘッドを押し込み調査する方法もあります。

管内検査カメラ(ロビオン)

計量ケーブルドラム600m、タッチパネル採用コントローラ、高機能クローラ(ステアリング機能、リフト機能、バックカメラ、傾斜センサ、発信機搭載)と、用途に合わせたカメラヘッドの組み合わせにより、あらゆる状況でも稼働できるTVカメラ車システムです。

特徴

  • 管径φ100mm~2,000mmが可能
  • 120倍ズーム(光学10倍 デジタル12倍)
  • 2点レーザ(正確な計測)
  • 可変式LED証明

展開カメラ

190度の超広視界特殊魚眼レンズによって、管内全周を展開撮影。
管内を直視のまま走行するだけで、管内面の展開画像が得られます。
側視の必要がなく、停止する必要もないため、調査時間の短縮が可能です。
また、調査後の展開画像データから、従来のテレビカメラの様にVTRを見直さなくても展開写真で全管路の確認ができます。

パイプハンターⅢ

伸縮式ポールの先端にズームカメラを搭載し、マンホールに入ることなく地上から安全に管内を点検・調査することが出来ます。
撮影映像はデジタルビデオで記録でき、2次調査箇所の絞込みが効率的にできるのでスクリーニング調査に適しています。

特徴

  • 管径φ120mm~800mmが可能
  • 40倍ズーム

染料調査

排水設備の接続状況を確認するために、無害な染料希釈液を対象管路の上流より流し、流下経路、漏出個所、到達時間等を調査します。

  • 注入前(上流)
    注入前(上流)
  • 注入中(上流)
    注入中(上流)
  • 排水経路確認(下流)
    排水経路確認(下流)

送煙調査

管路施設内に煙を送り込み、漏煙箇所から溶接不良や老朽化、地形のゆがみなど、漏れている箇所がないか調査します。

衝撃弾性波調査

既設管及び更生管に衝撃を与えることにより、発生する振動をセンサーで検知し、その波形を解析することで劣化状況を調査します。

本文ここまで

豊産管理株式会社

[本社] 〒030-0852 青森県青森市大字大野字前田21-11 ☎017-729-3711 FAX 017-729-3737

©Housan Kanri,Co.,Ltd.

このページの上へ